342936
++takaqの日記++


【私のカウンタ】


2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2019年1月17日(木) くら寿司
* 2019年1月14日(月) どんと祭
* 2019年1月11日(金) カンジダ症かなりいい
* 2019年1月9日(水) 今年初バイト
* 2019年1月6日(日) 昨夜はえらい目にあった。
* 2019年1月5日(土) おかしくなって帰って来た。
* 2019年1月4日(金) やっぱりカンジダ症でした。
* 2019年1月3日(木) カンジダ性間擦疹かカンジダ症・・・同じ?
* 2019年1月1日(火) 新年明けましておめでとうございます。
* 2018年12月29日(土) 神棚のお掃除した。

おかしくなって帰って来た。
ショートステイから16:00頃に戻ってきたが、車から出される時明らかにおかしな状態だった。
手が震えて前かがみ・・・

よくよく話を聞くと、やっぱり一睡もしていない様子。
早朝から幻聴聞こえだしたらしい。
キッカケは・・・・?

iPodが車いすに引っかかって取って欲しくてナースコールしたけど来てくれなかった事?

7:00と8:45に電話がったけど、俺が殺された、死んだの声らしい。

幻聴と震えでアキルトンを次々と飲んだようだ。6錠も!
それでも震えが止まらなかったようだ。

やれやれ、今夜は寝かせてもらえないかもしれない。

せっかくショートステイ行ってもらって自分は休養できたけど、これでパアだ。
いつもこうだ。

でも、ショートステイ行ってもらわないと俺が倒れる。

んーーーどうしたらいいべー!!!!
2019年1月5日(土) No.2620

やっぱりカンジダ症でした。
13:00に妻をショートステイに送り出した後、土日の食料調達のためツルハドラッグとヨークベニマルで買物。
一旦帰宅して購入した食料を冷蔵庫に保管。
そして、14:05頃に秋元医院へ行った。
午後の部2番目に自分の薬処方願いと妻の相談をした。
自分の方は血圧測定したら151-100と高め。
そのため1種類、夕食後に飲む薬を処方された。

妻の方はスマホ写真を見せて診断をお願いした。
やっぱりカンジダ症でした。

秋元医院では皮膚のサンプルを顕微鏡で調べたりする機材が無いので、秋元先生の友人がやっている「北中山皮膚科」を紹介するので今日これから行けないかとの打診。
今日も、明日も難しい表情を察していただき「抗真菌薬のクリーム」を処方してもらった。
一日3回、患部へ塗布する抗生剤とのこと。
この薬が無くなりそうな頃でも症状が改善されなかったら「北中山皮膚科」を受けてみましょうとした。
なので少しの間様子見である。

さっそく、ショートステイ先である「ラスール泉」へ向かった。
受付で面会表を記入しショートステイのフロアへ向かったところ、ちょうど入浴に向かったところとのこと。
30分くらいも待つわけにいかないので、介護師の女性に薬を託した。
やれやれである。

帰宅して自身のリハビリを「さいとう伸整形外科クリニック」で実施。
一週間ぶりのリハビリはとても効いた。

正月の三が日、フルタイム介護し夜間トイレ介助もしたのでクタクタである。
ゆっくりとに入浴して、ビールとハイボールいただきもう既に眠い。

今夜は早めに休もう。
何もかにも忘れて・・・・

あぁ、センプラ跡地の工事だけど今月末開店目指して順調の様子。
2019年1月4日(金) No.2619

カンジダ性間擦疹かカンジダ症・・・同じ?
元日早々、夕方のシャワー浴の後でいつものように妻の間擦疹治療のため医師から処方された軟膏を塗ろうとした。

経緯は次のとおり

12/14(金) 夕方 鼠径部及び恥骨付近にただれ(特に右鼠径部)発見
12/18(火) 秋元医院にて診察「間擦疹」とのこと。以下軟膏(混合)を処方してもらった。

・亜鉛華軟膏 10g
・マイアロン 20g
・レスタミン 20g

・ヘパリン類似物質スプレー0.3%「日医工」

各施設さんへは、入浴後の鼠径部ふき取りと軟膏塗布をお願いし、自宅では朝と夕にウェットティッシュでふき取りの後に軟膏を塗布した。

12/25(月) 左右の鼠径部はかなり良くなってきていたが、大陰唇にもただれと少しの出血を確認
同個所への軟膏塗布を実施するとともに、各施設さんへもお願いした。

12/27(木) 東北大学病院の(定期:三ヶ月に1回)婦人科受診
この時、性器周り診察(リング状態含む)と洗浄を実施
医師に大陰唇にもただれと少しの出血があった事を伝えるも当日は赤くなっているけど特に異常なしとの見解

で、元日の続き・・・
何回かオシッコのふき取りをしたら「ちょっと痛い」と言ったので軟膏を鼠径部に塗布する時性器の状態を確認した。
そしたら、大陰唇と性器内部に白い(皮が浮いているような)ものを発見、軟膏塗布を開始した。

1/3(木) 気になったのでネットで検索

カンジダ性間擦疹(カンジダ症)であると認識した。
清潔と乾燥を保つことが大事なようなので、軟膏塗布時に外用スプレーし乾燥させた後、軟膏を塗って足を開いて乾燥させる時間を設けるようにした。
もちろん、ベッドで!

でも、女性器の場合難しいね。普段塞がっている場所だけに。
それに、頻尿でオシッコ回数多いから尚更だ。

[以下引用]

カンジダ症は湿潤部位の皮膚で発生しやすい傾向があります。
カンジダ症では、発疹、鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどがみられます。
診断では、患部を診察するとともに、皮膚のサンプルを顕微鏡で調べたり、培養して観察したりします。
通常は、抗真菌薬のクリームや経口薬による治療で治癒します。
カンジダ属の真菌は、口腔、消化管、腟に常に生息していて、通常は人体に害を及ぼしません。しかし、特定の条件下では、カンジダが粘膜や湿潤部位の皮膚で過剰に増殖することがあります。影響が出やすい部位としては、口の粘膜、鼠径部(そけいぶ)、わきの下、手や足の指の間のすき間、包皮切除を受けていない陰茎、乳房の下、爪、腹部のたるみなどがあります。カンジダが皮膚に感染しやすくなる条件として、以下のものがあります。
高温多湿の気候
合成繊維のきつい下着
不良な衛生状態
おむつや下着を頻繁に交換しない(特に小児や高齢者)
糖尿病、病気、または免疫系を抑制する薬(コルチコステロイドなど)の使用による免疫系の機能低下
妊娠、肥満、抗菌薬の使用
抗菌薬を服用している場合もカンジダ症が生じやすくなりますが、これは普段から人間の体表に生息している細菌が抗菌薬によって死んでしまうことで、カンジダが制限なく増殖できるようになるためです。臓器移植後に投与されるコルチコステロイドや免疫抑制療法も、カンジダ症に対する体の抵抗力を弱める可能性があります。喘息患者がよく使用するコルチコステロイドの吸入薬によって、口の中でカンジダ症が発生することもあります。妊娠した女性、がん治療薬の投与を受けている人、肥満の人、糖尿病の患者も、カンジダの感染が起きやすい傾向にあります。
免疫系の機能が低下している人などでは、カンジダが体の深部の組織や血流中にまで侵入し、生命を脅かす全身性カンジダ症を引き起こすことがあります( カンジダ症)。

症状(関係あると思う部分のみ)
症状は感染した部位によって様々です。
間擦部位の感染症(皮膚がこすれ合う部分の感染症)またはへその中の感染では、通常は鮮やかな赤色の発疹が生じ、ときに皮膚の破綻がみられます。小さい膿疱が特に発疹の縁にでき、強いかゆみやヒリヒリする痛みを生じることがあります。肛門の周囲にできるカンジダ症の発疹は、皮がむけて白くまたは赤くなり、かゆみを伴います。乳児では、おむつをあてる部分にカンジダ症の発疹ができることがあります( 小児の発疹)。


おむつ皮膚炎(カンジダ症)
Image provided by Thomas Habif, MD.
腟カンジダ症(外陰腟炎、真菌感染症― 腟感染症の概要を参照)は、よくみられる感染症で、特に妊婦、糖尿病患者、抗菌薬を服用している人に多くみられます。この種の感染症の症状としては、白や黄色のチーズ状のおりもの、腟壁と腟の外部周辺の灼熱感、かゆみ、発赤などがあります。

診断
カンジダ症は、発疹とその発疹から出る粘り気のある白いかすが特徴のため、それが観察されれば通常は診断がつきます。診断を確定するには、まずメスや舌圧子(ヘラ状の器具)で皮膚や病変から出たかすを一部こすり取ります。そして、そのサンプルを顕微鏡で調べるか、培地(微生物を増殖させるための物質)の中で培養して、原因になっている真菌を特定します( 培養)。
治療
治療法は一般的に、感染が起きた場所に応じて異なります。

間擦部位の感染症に対する治療は、抗真菌薬のクリーム、パウダー、溶液などの製剤を皮膚に直接塗って行います(外用)。その例としては、ミコナゾール、クロトリマゾール、オキシコナゾール、ケトコナゾール、エコナゾール、シクロピロクス、ナイスタチンなどがあります。健康な人では、間擦部位の感染症は通常容易に治癒します。皮膚を乾燥した状態に保つことで、感染症が治りやすくなり、再発を予防できます。皮膚を乾燥させる溶液(ブロー液など)やタルカムパウダーを使用すれば、表面を乾燥した状態に保つのに役立ちます。患部を乾燥した状態に保つことは、再発の予防にも役立ちます。多くの間擦部位で感染が起きている場合は、薬を経口で投与することもあります(フルコナゾールなど)。
腟カンジダ症は、患部に塗るクリーム、腟に挿入する坐薬、または内服薬(フルコナゾールなど)の抗真菌薬によって治療します。

1/4(金)〜1/5(土)はショートステイなのでお願い資料に追加が要る。
今朝、スマホで写真撮った。
自分の薬が切れるので明日、秋元医院へ行ってついでに妻の相談をしてこよう。

2019年1月3日(木) No.2618

新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
12月の夜間トイレ介助も惨憺たる結果だった。
でも、何度か少ない日も散見される。

精神科の就寝前に飲む薬の量を微調整したおかげもあると思う。
それ以外で多い日は、精神的に都合の悪い状況があって幻聴聞こえる時と私自身が水分を取らせ過ぎるせいもあると思う。

だまって飲ませると休日などは3L近いか超えてしまう時があると思う。
この辺、ただ飲ませると自分の首を絞めるだけなので少し考えて水分補給させたいとは思う。
だが、私は人に優しすぎるからなぁー

生活上で出来る事がなかなか伸びないのもそのせいもある。
心を鬼とはいかないまでも厳しくやらせる事ができずついつい甘やしてしまう。

今年も何とか蓄積疲労にならないよう調整して生きていきたいと思っている。

足腰痛くて大変だけど・・・・
2019年1月1日(火) No.2617

神棚のお掃除した。
今日も寒い1日だった。
フルタイム介護なので自宅から出たのは近くのファミリーマットへちょっとした買物に出ただけ。

神棚の掃除が残っていたので今日実施した。
もうちょっと前に気づけてたはずなのに掃除直前になって気づいた。
なんと、お札が違っている。
「えっ、なんで・・・・天照皇大神宮って!?」
水曜日にお札求めた時に何か手違いが?
と思って検索したら、青葉神社の公式ページに以下の記載があった。

以下引用
当社では、12月1日より、神宮大麻並御神像を頒布しております。

神宮のお神札とは伊勢神宮の御札(天照皇大神宮)の事で、別名「神宮大麻じんぐうたいま」と呼ばれていおり、神社庁本庁に所属する日本全国の神社を通してお配りされています。

古くから私たちの家庭では、神棚に神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りし、神様に日々の感謝を捧げ、家族の幸せを祈ってきました。

神様を敬い、感謝を捧げることは親から子へ、子から孫へと受け継がれる「日本人の美しい心」です。神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りすることは、その心を継承することであり、神棚は神様と家庭とを結ぶ絆と言われています。

御札をお求めの際は、神宮大麻と青葉神社の御札の両方を御受けされる事をお勧めいたします。

あぁ、そういうこと。
で、妻の実家に電話して確認したら「ちゃんと青葉神社のお札来ているよ」とのことだった。
想像するに、お札を配ってくれた人が何か言っていたけど質問すら湧かない内容だったので、去年にならい「木のと紙の」で目の前にあるのを自分で指定してしまっていた。
その時に「木のお札 -> 青葉神社」「紙のお札 -> 天照皇大神宮」になったのだと思う。

息子の帰宅を待って青葉神社へ行ってもらい「青葉神社のお札」を求めてもらった。
やれやれ、無知って怖い。
でも、勉強になった。

2018年12月29日(土) No.2616

Page/ [1] [2]


Photo by NOION
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.70