336595
++takaqの日記++


【私のカウンタ】


2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
昨日夕方からのトイレ回数・・・疲れた。
昨日は大変だった。
昨日は夜中の1:30から眠られなくなりそのまま朝を迎えた。
集中した睡眠時間は1時間30分ほど。
一日中、頭がザワザワして身体がフワフワしてた。
その継続で、妻の幻聴が激しかったらく、ヘッドホンして音楽聞いていても幻聴と会話していた。

そんで、あまりにトイレへ行く回数が多いので、夕食後から記録してみた。
9:20頃就寝してからのトイレ回数が11回。
9:38から11:55の2時間17分は集中して眠られているが、その後は惨憺たる結果だ。
(空)は空振りというやつ。トイレへ行っても何も出なかったということだ。
それが3回もある。
なるべくそのまま起きないように合間はウトウトしていた。
起床は4:41分、最後のトイレの時である。
先月の26日以降、このパターンで満足に眠ることができないでいる。

妻はいつも通所から帰宅すると車いすに座って椅子に足を延ばして音楽聞きながらうたた寝している。
結構熟睡している。
睡眠不足だからうたた寝の間は起こさないでいる。
それでも、トイレが近いから何度も起きてしまう。

午前中の食糧調達後、昼食を早めにとり11:45から13:40くらいまで熟睡した。
いつもこのパターンで睡眠を確保している。
こうしないと腰痛が激しくて介護に支障をきたしてしまうからだ。
通所時はいつもこのパターンでアッという間に一日が終わってしまう。

それでも、今日は買物行く前に旧スロープの解体のうち板1枚をノコギリで解体し、トイレ横の木の枝を剪定した。

明日は妻の通所が無い日。
帰宅から明日朝までどれくらいトイレに連れていかれるのか・・・・
夜が怖い。
2018年9月24日(月) No.2558

コッシー [URL]  2018/09/29/08:27:24   No.2559
takaqさん
ずいぶんお久しぶりです。

夜間のトイレ介助、お辛そうですね。
泌尿器科で「ナイトバルーン」をご相談してみてはどうでしょうか?
留置バルーンと違って、夜だけ管を通します。

尿路感染のリスクはありますが、夜寝られるのは代えがたいメリットです。

当方は、神経因性膀胱でたまりすぎて尿路感染になり、間欠導尿とナイトバルーンを追加うようになりました。
いずれも、保険適用です。

ナイトバルーンが保険適用であることは2016年の改定でご存じない泌尿器科も多そうですが
そのことも伝えてご相談してはどうでしょうか。

お節介な介護者より

takaq  [E-Mail] [URL]  2018/09/29/10:02:09   No.2560
コッシーさん、お久しぶりです。
アドバイスありがとうございます。

コッシーさんとこも度々見てはいましたよ。

泌尿器科からは管を通すのはどうかの話はありました。
妻は以前、整形外科と乳腺科で手術のため入院時に管使っていました。
この時の感触を記憶しているのか管通すの嫌がります。

ただ、この状況でさらに悪くなるようだとお互い睡眠不足と疲労でどうにかなることは妻も分かっています。

もう少し様子みて、次回泌尿器科受診が11月にあるので状況によって「ナイトバルーン」の使用を考えたいと思います。
おっしゃるとおり、夜寝られるのは代えがたいメリットと思います。
気分も変わって元気になるかもしれませんね。

Page/ [1]
No. PASS
No. USER PASS


Photo by NOION
++HOME++
[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.70