285485
++takaqの日記++


【私のカウンタ】


2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2017年9月12日(火) 新たな事実発見
* 2017年9月9日(土) ●●●企業年金基金からの第二標準の年金証..
* 2017年9月5日(火) 水分補給制限してみた
* 2017年9月4日(月) 泌尿器科受診
* 2017年9月1日(金) 8月も惨たんたる結果だった。
* 2017年8月28日(月) 妻の預金調整した。
* 2017年8月27日(日) 夏が終わる・・・
* 2017年8月20日(日) 売電力少ない・・・
* 2017年8月18日(金) 青葉区役所で特別障害者手当に関する受給確..
* 2017年8月14日(月) 今年も特別障害者手当受給確認がやってきた..

新たな事実発見
昨日は屋根からの雨漏り補修をしてもらった。
なかなかこっちの都合と業者さんの都合、それとお天気の折り合いがあわず伸び伸びになっていたものだ。
妻が通所へ行った後、9:00頃に業者さんが来て補修をしてもらった。
13:30頃に作業終了で思ったより時間がかかった。
その後、夕方から夜間にかけて雨だったけど、雨漏りの音は感じられなかった。
次のタイミングは雨風の時に雨漏りないかだが、たぶん大丈夫と思う。

この時、太陽光パネルを何枚か外して補修したのだが、なんと、外した面の屋根に塗装が施されておらずザビが浮き出ていることがわかった。
自分自身、まさか塗装がされていないとは思いもよらなかった。
思い出すに次のような感じだろうか・・・

最初の大幅リフォームの時に屋根を瓦からスレートに変え全体塗装
 ↓
ある時に太陽光を導入し屋根にパネルを取り付け
(今回の雨漏りはこの時に取り付けたパネルのある部分のコーキングが劣化したため)
 ↓
子供部屋と居間を拡張
・・・・・この時に自分は知らなかったけど屋根の塗り直ししたものと思う。
(妻の父親がしてくれたので自分は屋根については把握してない)
よって、パネル下は塗り直しできなかったのだと思う。

・・・ということで、せっかくなので屋根塗装のそろそろし直しとなければなぁーと思っていたことから、屋根全体塗り直しと太陽光パネル取り外し、取り付けで別途見積もりをお願いした。
いったいいくらになることか・・・

石油給湯機(部品供給なし)やエアコンも長く使っているのでそろそろ変え時である。

もう10年住むことを想定してあちこち機器交換とリフォームしなければと思う。
できれば、来年(妻の高度障害保険金受け取り後)にしたかったが、少し早まったけどやらないといけないようだ。

給湯は石油でなくできればエコ給湯にしたいものだ。

知人からもらった「だだちゃ豆」を食べてみた。
以下の方法で電子レンジ使えば簡単に調理できるのでお勧めだ。

1.ザルに豆を入れ、軽く水洗い
2.水を切って少々の塩を加え、豆のビゲを取りながら混ぜる
3.電子レンジで使える皿に盛り、ラップをかける
4.電子レンジ 500Wで5分くらい加熱
5.電子レンジから取り出し、ラップを外してザルにあけうちわで素早く冷やす(水で冷やしてはいけません)
6.後は皿等にあけ食べる

美味しかったよ。
2017年9月12日(火) No.2440

●●●企業年金基金からの第二標準の年金証書(老齢給付金裁定通知書)が届いた。
当初試算にほぼ近い「254,464円/年」だった。
10月から年6回に分けて支給される。
初回は来月15日で源泉徴収税引き後「58,941円」だ。
その後は、2月、4月、6月、8月、10月、12月に「39,294円/回」支給である。
老齢厚生年金は、62歳から支給である。
満額受給の65歳までは我慢の日々である。
やれやれ、

9月5日(火)から朝の薬に泌尿器科のが一種類追加なったのに伴い、妻の水分補給制限をしている。
おかげで水やアイスコーヒー等の飲物を求めることは少なくなったのだが、夜間のトイレ介助回数は今のところ改善は認識できない。

9/5(火) -> 8回
9/6(水) -> 7回
9/7(木) -> 7回
9/8(金) -> 6回

ん? 少し少なくなった?

空振りがなければもっと少なくなるのにね。

2017年9月9日(土) No.2439

水分補給制限してみた
一日の水分量を1.6L(いつも使っているコップ8杯分 AM:4杯 PM:4杯)に設定した。
ちょうど、泌尿器科から尿を出やすくする薬を朝に一錠追加してもらったのと、妻の通所が無い日なのでテストするにはいい日だった。
結果、排尿の回数はいつもの休日より少なかった・・・と思う。(数えてなかった)
ただ、一度の排尿量はあまり多くなく感じた。
昨日の測定で350mlの残尿だったので、膀胱を空にするにはもっと排尿量が多くないといけないと思う。

お昼寝もいつもよりは長くできたと思う。
ただ、2回目起こされた時に熟睡中だったので非常に気分悪かったけどね。

さてさて、今夜の夜間トイレ介助回数はどうなるかな?
少しでも成果が得られるとうれしいのだが・・・・

明日は例によって4時間のバイトだ。

あぁ、今日はお天気もよく久しぶり妻を入浴介助できた。
2017年9月5日(火) No.2438

泌尿器科受診
今日は妻の泌尿器科受診。
診察前の残尿測定で「350ml」もあることが分かった。
先月から今までの夜間頻尿状況を担当医師に説明し惨状を理解してもらった。
結果、現在夕食後に飲んでいる尿を出やすくする薬を朝食後に1錠追加した。
要は膀胱が空になることが少ないので、尿を出やすくして空になるのを促進してあけようというものだ。
とりあえずこれで一か月様子見だ。
改善されるのか変わらないか・・・・

これでも改善されなかった場合は、膀胱を空にするため日中2〜3回導尿してもらうか、夜間尿管をつけるかということだった。
日中の導尿は施設での対応可否があるので、なかなか難しいと思う。
なので、夜間の尿管ということになるが、これになると自分が対応することになる。
これ実施の場合は、別途看護師がつけ方等を指導してくれるとのことである。

やれやれ。

明日は妻の通所無しの日だ。
水分摂取計画を立ててみようと思う。
2017年9月4日(月) No.2437

8月も惨たんたる結果だった。
もう、夜間のトイレ介助だけど5回は普通で6回や7回という回数が多くなった。
29日(火)などは10回である。
傾向として、23:30から0:00頃に一回最初のトイレがあるのだが、そこから10分や15分おきに3〜4回のトイレがある。
空振りの時もあれば、それぞれ少量の尿が出ることもある。
オシッコをもよおすけど出ない・・・か、少量の排尿を繰り返す。
さらに、2:30から3:30に前記パターンが再度くる時がある。
こうなると、自分の腰がとても痛くなり、つい鬼になってしまう。
たまらんなぁー
ただでさえつまらないのに、さらに楽しくない気分になってしまう。ストレスたまるなぁー

・・・で、31日(木)の精神科通院では前記症状を説明し、膀胱障害の原因となっている薬を少ーしずつ調整することにした。
いきなり薬を変えたりすると幻聴・妄想が激しくなったり、逆に眠ってばかりいるという症状になることがあるからだ。
この辺は妻がまだ歩ける頃に経験済みだ。

レポメプロマジン細粒10%「アメル」用量 0.1g -> 0.05g 就寝前 である。
ただ、服用薬品名カードを見ると ピレチア細粒10% 用量 0.15g 就寝前 の注意事項に「排尿障害のある方は医師にお知らせください」との記載がある。
次回通院時はこの辺も確認して減らせるものなら少し減らしたいと思う。

俺自身、かなり辛くなってきたので、9/4(月)の泌尿器科通院では何か打開策を医師に確認したいと思っている。
それと、通院日が火曜か木曜にしてもらう交渉もするつもりだ。

このままではストレスでおかしくなってしまう。

2017年9月1日(金) No.2436

Page/ [1] [2]


Photo by NOION
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.70